ルール違反満載の闇パチスロ店

パチンコ店やスロット店は、国が認めたアミューズメント施設であるということは周知の事実でしょう。

しかし、日本には知られていないだけで多くの闇パチスロ店が存在するといわれています。特に多くの人が集まる東京都に蔓延しているとされており、時折メディアにおいて摘発の様子が報道されています。

満足度の高い闇パチスロ情報が満載です。

闇パチスロの定義としては、通常のパチンコ店やスロット店が守っている法律「風俗営業等の規制及び義務の適正化等に関する法律」を順守していない店舗のことです。


届け出が無いパチンコ店やスロット店はルール違反となり、処罰の対象になります。

また、闇パチスロ店では、通常のパチンコ店やスロット店とは違い、多くのお金を必要とするところが多いと言われています。

一般的にスロットでいえばメダル1枚貸出しで最大20円ですが、ルール違反をしている店舗の場合は1枚50円、1枚100円など、その店舗によって値段が違います。



また、借りたメダルを返す際、店舗内で現金のやり取りが行われている場合もあります。

この行為は賭博行為に当たります。日本では、国が認めたギャンブルである競馬や競輪など以外の賭博行為を禁止しているため、検挙された場合はもちろんルール違反で営業停止、罰則をもらうことになるでしょう。

Yahoo!知恵袋の情報が豊富です。

また、闇パチスロ店には通常のスロット店に設置できない機種を置いている場合も多く、射幸性を煽っているとされています。

そのような闇パチスロ店はルール違反ですので、パチンコやスロットが打ちたい場合には通常のパチンコ店やスロット店に行くことが賢明です。